トップ 差分 最終更新 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

Case2

●Security Room

(エアダクトから物資入りダンボールを運び込むブラッド)
ブラッド 「おい、フランク!手を貸してくれ」
(ダンボールからビールを手に取るフランク、その手を掴むブラッド)
フランク 「な、なんだよ?」
ブラッド 「ヘリの事とかも考えると、俺たちは協力しないとな。
      だからといって俺たちが全てを話せるって訳じゃないんだ。
      それに、話した事全てを君が記事に出来るって訳でもない」
フランク 「ああ、それで?」
ブラッド 「つまり、その状況を納得してほしい」
フランク 「えーっと、俺たちの周りにはゾンビだらけ。
      ああ、全くもって最高の状況だよ。」
ブラッド 「ゾンビか.... こんな事、未だに信じられないよ。
      全てが非現実的だ....」
(ダンボールを持って立ち去るブラッド)
フランク 「手を貸そうか?」
ブラッド 「いや、大丈夫だ」

ジェシー 「少し休んで、ブラッド」
ブラッド 「先に一眠りしてくれ。4時間後に交代しよう。OK?」

Case 2: September 20, 6:00 AM

Case 2-1: Image in the Monitor

●Security Room

(モニターを見ながら)
フランク 「まずいな。で、どうしたんだ?」
ジェシー 「今回の事件が始まる前、誰かが博士にこのモールに来るよう言ったのよ」
フランク 「盗聴したんだな?」

(モニターに写る、博士を引きずっている男を見ながら)
フランク 「じゃあ、こいつがその電話の主か?この男か?
      あの2人、ゾンビと何か関係があるんだろ?」
ブラッド 「彼らが、我々がここに来た理由だ。
      あの男がバーナビー博士を連れて逃げてしまったら、我々の疑問は解けないままだ」

Case 2-2: Rescue the Professor

●Entrance Plaza

(フランクに飛びかかるブラッド、その横を銃弾がかすめる)
ブラッド 「こんなとこでボーっとしてるんじゃない!」
(連続する銃声)
ブラッド 「誰かが2階から狙撃してる」

カリート 「パチャママ(インカ王国の大地の女神。”おお、神よ”といった意味合い)」

(2階から吊るされているバーナビーを見つけて)
フランク 「おい、あれは博士じゃないか!」

(背後からゾンビに襲われそうになったフランクを助けながら)
ブラッド 「危ない!(身を起こして)何とかしないと、博士がゾンビの飯になってしまう。
      お前は自分の身の安全だけを考えておけ」
(親指を立てるフランク)

 ****** カリートを倒した後 ******

フランク 「(足を撃たれたブラッドに)ブラッド!」
ブラッド 「俺は大丈夫だ...博士を頼む。行け!」

(博士を助け出すフランク)
フランク 「意識はないが...命に別状はない」
(撃たれた足を激痛が襲い)
ブラッド 「クソッ!」
フランク 「大丈夫か?)」
ブラッド 「ああ... だが博士を運べそうにない。Security Roomに博士を運んでくれるか」
(分かりましたよ、といった感じで承諾するフランク)

●Security Room

(ブラッドが足を引きずりながら部屋へ)
ジェシー 「ブラッド!大変!」

(ブラッドが眠っている)
ジェシー 「鎮痛剤が効き始めたわ。博士の方は、しばらくの間意識を取り戻しそうにないわね」
(眠っているブラッドの額に手を当てながら)
ジェシー 「なんとか出血は止めたけど... 熱が出てる。薬がいるわ」
フランク 「発熱か... 薬でいいんだな?」

Case 2-3: Medicine Run

●Seon's Food & Stuff

スティーブン「ここは私の店だ!! お前は...私の店を...滅茶苦茶にしに来たんだろう!?
       違うか!? そんな事は私が許さんぞ!!」
フランク  「怪我人がいるんだ、薬が必要なんだよ!」
スティーブン「怪我だあ!!?? (カートに乗せられたイザベラの髪を掴みながら)
       このメス豚も私の店を滅茶苦茶にしに来た時、同じ事を言いやがった!
       あいにく破壊活動は受け付けてないんでねえ!私が許さんぞ!
       私の言う事をよーく聞くんだぞ・・・君。
       私の店で破壊活動は許さんぞおおおぉぉぉ!!!!!!!」

 ****** スティーブンを倒した後 ******

スティーブン「私の店... 私の... 店... 私がいなくなったら誰がこの店を切り盛りするんだ...
       私の店... 私の食料品... 私の特売... 私の...   お客様...
       どうぞ良い日を... 掃除をしろ!6番レジ!」

(倒れているイザベルを見つけて)
フランク  「生き返ったか?ホントにタフな女だな。立てるか?」
(フランクを跳ね除けるイザベル)
フランク  「なあ... 昨日、入り口で君を見掛けたんだが...(よろめくイザベル)
       君も薬が必要みたいだな、協力し合おう」
イザベル  「あんたの助けなんか要らないわ!あんたら何も分かってないんだから!
       あんたらが全ての元凶なのよ!あんたらがSanta Cabezaを駄目にしたからこんな事になったのよ!」
(立ち去るイザベル)

●Security Room

(ジェシーに薬を手渡すフランク)
ジェシー 「薬を持ってきてくれてありがとう」

最終更新時間:2006年10月30日 20時38分23秒 {{pageid}}