トップ 差分 最終更新 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

Case7

Case 7: September 21, 11:00 AM

Case 7-1: The Last Resort

●Security Room

ブラッド 「”切り札"の話ってのは結局何なんだ?」
イザベラ 「カリートは... 追い詰められたらモールを爆破すると言ってたわ」
(ヤバいぞこりゃ、とでも言いたげに笑うフランク)
ブラッド 「畜生!俺達は決意を固めた自爆テロ犯を抱えてるってのか!」
イザベラ 「状況はもっと深刻なの。爆発したら寄生虫の幼虫が大気中に分散するわ」
ブラッド 「奴は街の外にゾンビを広げようってのか!? 狂ってるのか?」
フランク 「もし爆発すれば、どこにも逃げ場は無くなる。そこら中がゾンビだらけだ」
イザベラ 「カリートは、可燃性のガスでモールの地下を満たして、爆発させるつもりよ。
      もし、ガスが充満する前に爆弾を解体できれば...」
ブラッド 「爆発を止められるチャンスはある、か。やるぞ」

イザベラ 「お願い、兄を止めて...ガスが充満するまでは起爆しないわ」

Case 7-2: Bomb Collector

●Maintenance Tunnel

ブラッド 「動くな!(カリートの撃った弾を避けて)クソ!
      俺は奴を追う、お前は爆弾を運び出してくれ、フランク」

(爆弾をカートに積んで外へと運び出すフランク)

●Warehouse

(カリートと交戦するブラッド)

ブラッド 「もう爆弾は全て解除したぞ。もうここまでだ。諦めて投降しろ」

(背後から近づくゾンビを撃つブラッド
 覚悟を決めてカリートへ突っ込み腹に銃弾を命中させる)
ブラッド 「もうお前のテロリストとしての日々は終わりだ、カリート。諦めろ」

(隠し持っていたナイフでブラッドへ襲い掛かるカリート
 カリートに肩を刺され、ドアの向こうへと蹴りだされるブラッド
 ドアを閉めるカリート
 真っ暗な中、懐中電灯をつけ辺りを見回すとゾンビに囲まれているブラッド)

ブラッド 「クソッ...」

●Maintenance Tunnel

(爆弾を駐車場の外へと運び出すフランク 背後で大爆発 無線が鳴る)
イザベラ 「フランク... 爆弾を処理出来たみたいね。 ブラッドは大丈夫?」
フランク 「爆弾は全て片付いた。ブラッドはカリートを追って行ったよ」
イザベラ 「了解、戻ってきて、フランク」
フランク 「ああ...」

●Maintenance Tunnel (上記イベント後、地下の中央倉庫前に行くと発生)

・原文

フランク
Brad? Brad?

ブラッド
Frank!

ブラッド
Don't get any closer!
Stay away, Frank!
Don't get near me!

フランク
What's the matter, Brad?
Are you hurt?
I'm coming over there, Brad...
We'll go back together.
If you're hurt, we'll patch you up.

ブラッド
I'm screwed...
It doesn't hurt...
Not even a little...
I'm already dead.
Frank...
Don't tell Jessie about this.

・意訳

(暗闇の中 落ちていたブラッドの懐中電灯を拾い 辺りを照らすフランク)
フランク 「ブラッド?ブラッド?」
ブラッド 「フランク!」

(声がした方を照らすフランク、光の中にブラッド)

ブラッド 「それ以上近づくな!
      そこに居ろ、フランク!
      俺に近づくな!」
フランク 「どうしたんだ、ブラッド?
      怪我したのか?
      お前を置いて行くつもりはない。
      怪我してるなら、戻って手当てしよう」

(ブラッドに近づくフランク 傷だらけで腹から内臓が出ているブラッドを見て驚く)

ブラッド 「俺はしくじった・・・
      痛みも感じなくなった・・・
      俺はもう死んでる・・・
      フランク・・・
      この事は、ジェシーには話さないでくれ・・・」

●Security Room

イザベラ 「誰の責任かは分かってる。疑問の余地がないわ。
      でも、それでも実の兄だから...」

最終更新時間:2006年10月30日 20時38分24秒 {{pageid}}